障害者雇用促進をはかる社会福祉の動きに迫ります。

バーミヤン&ジョナサン

障害者への偏見

車椅子のマーク

健常者と比べてハンデが多くある障害者に対して、以前まではいたらぬ偏見がありました。その偏見によって、今までの社会であると、障害者の雇用を引き受ける企業というのは少なかったのです。

Read more →

障害者へのフォロー

応援するスーツ姿の人形

社会福祉が障害者雇用を促進する為に、以前よりもそのはたらきを強めてきました。障害者の仕事探しから始まり、定職に就き、就いた後のフォローまでもしっかりと取れる体制作りをしました。

Read more →

職業能力開発

落ち込む男

今ある環境をよりよくするには、自分の職業能力をアップさせる事が一番の近道です。それを支援する為の施設は多くあります。その施設の中には障害者の為に造られたものもあります。

Read more →

障害者と健常者

仕事を教わる女性

人は、ものを考える知力もあれば運動をする為の体力もあります。
体にはいろいろな機能が備わっていますが、全ての人が満足な状態ではありません。
日頃の生活を送るにあたって、支障があり制限を持たざるを得ない人の事を「障害者」と言います。
以前であればそういった障害者への偏見が強く、障害者雇用に対して積極的ではない企業が多かった事が事実です。
障害者に対しての理解が深まり、障害者雇用を推進する企業も増えてきました。
障害者雇用が増えたお陰で、障害者の定職に就くチャンスが増えたと言えます。

障害にもさまざまな種類があることで知られています。
身体的な事、知能的な事、それらが支障をきたさない人は、障害者ではない「健常者」になるのかという意見をもつ人もいます。
一般的には日常を過ごす上で、活動能力に問題がない人を健常者と呼びますが、この事については人によっての価値観で意見が分かれるでしょう。
障害者と呼ばれない人でも、精神的な面などで大小さまざまな疾患を患っている人もいます。
障害者雇用を推進する動きが多くなった近年では、健常者と共に仕事をする場もあり、お互いの理解を深める事が大切と言えます。